暴力や不正をされた後に、その本人から楽しいことに誘われたり、優しくされたりをして、上辺で流される方がいますが、流され続けるのは苦しみから逃れられません。
 暴力や不正をして機嫌取りは、偽りの気持ちで接しています。相手を思い通りにあやつるために、上手に利用しているのです。たいていの方は、利用されるだけの存在はむなしいはずです。何かが変と気づけば、よく考えて慎重に行動しましょう。自分の人生は自分のものです。






霊視ランキング↑クリックお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 同じ方向性の霊力でも、みえ方や感じ方などは人それぞれ違います。どの霊力が正しく、どの霊力が間違っているということもありません。人と同じようにみえていなくとも、それは当たり前です。感受性が人によって違うように、それぞれみえ方も違います。
 ただし、守護神様などの見え方は皆同じです。
 例えばの話ですが、霊力で感じ取ったものを芸術に具現化する人もいます。ある人は音楽にしてみたり、ある人は美術に活かしてみたり、文章にしてみたりといろいろです。
 ヒーリングの仕方も同じで、人それぞれ違います。とある人は悪い箇所が黒く見えたり、とある人は直感で悪い部分が伝わってきたりしますが、結果は同じです。
 つまり、このように霊力で何が正しい、何が間違っているとは一概に言えません。霊力の付け方も同様です。





霊視ランキング↑クリックお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ひとりオーリングテスト (知っていると便利なテストです。)

1、地面と水平に右手の親指と人差し指で丸い輪を作ります。ここで気を付けなければならない事は地面に水平ということです。垂直に輪、斜めに輪にすると結果は違ってきます。

2、丸い輪に力を入れて、左手の人差し指で上から切って下さい。切れなければオーリングテストができます。これは筋肉が正常であるか確かめるために行います。筋肉が弱っている時には一人でテストは出来ません。筋肉の正常な別の人に触れて、代わりにテストをしてもらいます。伝導ができます。

3、検査したい箇所をトントンと軽くたたく。皮膚であればなでる。

4、地面に水平にした右手の親指と人差し指で丸い輪に力を入れて、左手の人差し指で上から輪を切ります。丸い輪が開いて切れると、その部分が悪いということです。輪が切れなければ正常ということです。

(応用)体の悪いところが見つかると、食べ物や薬を検査することができます。

 悪い箇所をトントンとたたいた後、地面に水平にした右手の親指と人差し指で丸い輪の下に食品等をおいて、左手の人差し指で上から輪を切ります。切れなければその食品が悪い箇所に良いということになります。切れたら、悪化させるから今は食べてはならないということです。
  また、全体でテストしてみて良いとでる時は、体全体には悪くないが、検査した箇所には悪いということです。体に合う食べ物とそうでない食べ物は体調により変化しやすいため、独自でテストしていくのがおすすめです。

●アルミはオーリングテストができません。ラップ、プラッシック、陶器、ガラス等は出来ます。
アルミに包まれているものは、アルミを外してラップなどに包みかえてからテストしてみてください。
●画像処理されていない写真でもテストできる場合があります。






霊視ランキング↑クリックお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ